シーン別に使い分ける|上品な印象になるならロングドレス|お気に入りのコーデを楽しむ
レディ

上品な印象になるならロングドレス|お気に入りのコーデを楽しむ

シーン別に使い分ける

女の人

ファッションというのは、個人の好みで自由に楽しむ事ができるものですが、TPOに合わせた服装をすることも大切です。特に格式がある場所では、その場所に合った服装のマナーがあるので、しっかりと守る必要があります。格式ある場所として、挙げられるのが結婚式です。結婚式や披露宴などでは、普段着のようなTシャツやジーパンを着用するのはマナー違反となります。基本的にドレスコードとなります。女性の場合はパーティードレス、男性の場合はスーツとなります。パーティードレスと言っても、様々な種類があるので、パーティーの内容や雰囲気に合った物を選ぶことが大切です。

パーティードレスのデザインは非常に多いですが、ベースはワンピースとなっています。上半身から足の部分までを覆っているタイプです。普段のファッションは、自分の好みのデザイン、着たい物を着ることができますが、パーティードレスの場合は、シーンによって使い分ける必要があります。結婚式に参列する場合、最低限のマナーとして守りたいのが、白系のパーティードレスを着用しないことです。結婚式では花嫁がウェディングドレスを着用します。そのウェディングドレスと同じ白系のパーティードレスを着用してしまうと、花嫁が引き立ちません。そうならないために、白系のウェディングドレスは選ばないようにしましょう。白色だけではなく、白に見えてしまうようなスタイルは避けた方が良いです。通販などでパーティードレスは購入、レンタルできるので、まずはチェックすると良いです。